様々ありますオフィス移転の方法

会社を経営していると意外に身近に感じるのがオフィス移転です。普段業務を行っているオフィスが、従業員の増加に伴って小さくなってしまったり、建物自体の老朽化が進んだり、何らかの理由で立ち退かなければならなくなった時に行うことになります。移転をするとなると引っ越し業者に依頼するというイメージがあると思います。大量の備品を全て箱詰めし、移転先まで運んでいくというのは素人には厳しいですし、人員も時間もかかります。従業員を導入するわけにもいかないので、結果的に専門の業者を通して行うことになります。しかし、移転の方法というのはそれだけではありません。他にも多くの方法で移転することが出来ます。今回はそのようないくつかある移転方法のうち、2つを紹介しておきます。

備品を買い直してしまうという方法

一つ目の方法は備品を買い直してしまうという方法です。小物であれば運ぶのに労力を使いませんが、机や椅子ともなれば一組運ぶだけでも大変です。パーテーションや棚なども自分で運ぶには厳しいものがあります。そこで、そのような大きいものを買い直してしまうという方法をとるのも一つの手です。オフィス移転にかかる費用と、買い直した時にかかる費用を比べて、買い直しの方が良いと判断できるのならば買い直す方が良いです。いずれ老朽化が進み、買い直さなければならなくなるので、早い目にしてしまっても問題ありませんし、新しい設備というのは心機一転を促し、リフレッシュさせてくれます。小さいものは自分で運んでしまえば、場合によっては業者に頼むよりも低価格で行うことが出来ますのでお勧めです。

こまめな移動を繰り返していく方法

二つ目はこまめな移動を繰り返していく方法です。最初に使っていないものを中心に移していき、次に業務に影響を与えないようにまとまりを作って、そのまとまりごとに移動していきます。そうすることで一回に負担がかかることはありませんし、業者に頼まなくても自分で出来てしまうので費用面でもお得です。業務を休んでも良い日があるのであれば、大きなまとまりのものをその時に運んでしまうと楽になります。このようにすることで、費用を抑えつつ、業務が途切れることもなく、オフィス移転が完了します。移動するときに少しずつ備品を見ることになるので、不要な物を選別したり、買い替えを決断したりすることにもなります。そのため、移転先のオフィスをスッキリさせられる可能性もありますのでお勧めです。

カテゴリー: